DSCN9366_convert_20170617053331.jpg


今年も「コムクドリ」の営巣について紹介しました。ヒナの成長の続報です。
 今年は敷地内にある7個の巣箱のうち、5個の巣箱に「コムクドリ」が営巣をしています。15日現在、すべての卵がヒナに孵ったことが確認できました。産卵からヒナに至るまで時間のずれがある為、巣箱ごとに成長の差はありますが、ヒナの為に親鳥が懸命に餌を運ぶ姿が見えます。


          _DSC9552_convert_20170617053024.jpg



          _DSC9566_convert_20170617053042.jpg



          _DSC9593_convert_20170617053225.jpg



          _DSC9597_convert_20170617053242.jpg



          
         _DSC9571_convert_20170617053201.jpg




 それぞれの巣箱で平均5、6羽のヒナが孵りました。その成長は早く、巣立ちを前に黄色いクチバシヲ大きく開けて餌を待っています。その為、親鳥は日の出から日没までひっきりなしに餌を捕獲、巣箱に運んでヒナに与えています。毎年のことながら野鳥の子育てには生き物への感動を覚えます。



          DSCN9361_convert_20170617172258.jpg



          DSCN9368_convert_20170617172334.jpg

         

 そんな「コムクドリ」の姿をカメラに収めました。長く厳しい冬から春、新緑の季節に訪れる短い野鳥のドラマ。感謝の念を抱きながらシャッターを切っています。
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/907-a9f7bc8c