関西~関東からかなり遅れてやっとここ秋田でも「桜の季節」到来です。大潟村には菜の花と桜が総延長10㌔以
大潟村には菜の花と桜が総延長10㌔以上にわたって咲き誇る「菜の花ロード」、水辺の「南の端公園」をはじめ町内や各所にいたるまで多くの桜の樹があり、今は一年でもっとも華やかな色彩の季節です。

東京の友人から「えっ、弘前の桜を見たことがないの?」とやや馬鹿にしたような一言に、弘前の桜見物は今年の「課題」。村の桜はまた後日ゆっくりと楽しむとして、数日前「課題」を果たすべく、早速村の友人と出かけました。

 早朝6時に車で出発。8時過ぎには雪をいただいた岩木山を望む弘前城公園にいました。
冬の公園内を撮影に訪れて以来ですが、見覚えのある枝垂れ桜が今は満開です。
弘前の桜は、数の多さもさることながら、桜色の鮮やかさ、花や枝にボリュームがあり「日本一」と自慢するのも一理ある、と納得しました。

 好みからいえば趣のある枝垂れ桜の雅やかな姿が好きですが、染井吉野の淡い桜色と入り混じった様子は互いに競い合い、色香や容姿の優雅さを見せてくれます。

 写真撮影よりは、まず桜を楽しんだ半日でした。
帰りは八甲田山の「雪の回廊」を走り抜け、奥入瀬~十和田湖畔を回って村へ。

 来年は絶対「夜桜」見物。また「課題」が出来てしまいました。






      DSC_9685_convert_20101011112652.jpg





      DSC_9699_convert_20101011112750.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/90-6da71d43