秋田港のフェリー乗り場で。後ろが乗船したフェリー
         DSCN9722_convert_20160929162427.jpg

 8月24日から9月14日にかけて、キャンピングカーで北海道を走ってきました。移動中はなかなかブログに専念するわけにもいかず、帰宅後メモをもとに日記風に仕上げました。以下、旅の途中で目にしたこと、気が付いたこと、おいしかった食べ物など日を追って掲載していきます。

 8月24日(水)
 午前4時起床、あわただしく身支度を整え戸締りをして午前6時に自宅を出発。しかし間もなく、キャンピングカーの充電用ケーブルを積み忘れたことに気が付き、自宅へUターン。この間⒛分ほど時間をロス。改めて秋田港フェリー乗り場を目指しました。

 「新日本海フェリー苫小牧東港行き」は午前7時出港。1時間前に乗船手続きの必要があります。時間のロスにもかかわらず、予定時刻の6時には到着。トラック、トレーラーなどの大型車を除いた車列のトップでした。

             苫小牧東港行き新日本海フェリー
          DSCN9723_convert_20160929162455.jpg




             秋田港を出発。後方が「セリオン・タワー」
          DSCN9726_convert_20160929162522.jpg


 ネットで予約をしていた為、簡単に乗船手続きが終了。8月に台風6、9、11号と相次いで北海道に大きな被害をもたらし、海上の時化具合なども考慮の結果、出発を1日延ばしてのスタートでした。そ の影響からか、前年同時期に比べて 秋田港からの乗船客は比較的少なく、かなり空いていました。いつもながらフェリーへの搭乗は少し緊張しますが、すんなり指定位置に。


       

 出港後間もなく、船内レストランで和定食で朝食を。その後、出発までの準備で疲れた体を、船内の浴場で 休めてほっと一息。昼あとは船首部分や舷側のラウンジから青森、北海道の沿岸を眺めるなど約8時間の船旅を楽しみました。午後5時10分過ぎ、苫小牧東港から北海道に上陸。今年で3年目のキャンピングカーによる北海道の旅の始まりです。

         フェリー左右の舷側にあるラウンジ
         DSCN9731_convert_20160929162544.jpg

         船首前方に北海道・室蘭付近が
         DSCN9733_convert_20160929162604.jpg


 予定では道の駅「ウトナイ湖」で宿泊する予定でしたが、前年訪れた道の駅「千歳サーモンパーク」の環境の良さを思い出し、千歳市まで足を延ばすことに。苫小牧から千歳にかけて、道東道、日高道、道央道などと連絡するための自動車道が伸び、緊張の連続ですが、カーナビですんなr千歳入り。到着した道の駅「千歳サーモンパーク」の広い駐車場には日本各地からのキャンピングカーがすでに集まり、人気の高さを物語っています。こうして旅の1日目を終えて眠りにつきました。
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/896-c92c5bd0