DSCN9073_convert_20160708202713.jpg
 

 田植えが終了し、「さなぶり******」を耳にする大潟村です。「大潟すぽーれ」が主催した「さなぶりウォーキング」に参加。「由利高原鉄道」に乗り、「花立牧場公園」のウォーキングに行ってきました。
 


午前8時半、大潟村「村民体育館」に集合。40人ほどの参加者は、大型バスで秋田道、日本海東北自動車道を利用して 「羽後本荘駅」へ。由利高原の「花立牧場公園」へ向かう途中、「羽後本荘駅」~「八島駅」間を、「由利高原鉄道 鳥海山ろく線」を利用するためです。

 県内では秋田内陸線と共に、話題の赤字路線の鉄道です。「羽後本荘駅」午前10時49分発の列車には、1両編成ながら「秋田おばこ」姿の列車アテンダントが乗務します。当日は私たち団体の為、車両1両を増結。列車アテンダントも乗務し、2両編成で運行してくれました。

 「羽後本荘駅」を出発して間もなく、 車内では、自分たちで摘んだというサクラ花を塩漬けにした「サクラ茶」のサービスがあり感激。この日は残念ながら小雨続きで、「出羽富士 鳥海山」の雄姿を見ることはできませんが、鳥海山にまつわる話題や沿線の観光スポットなどを、「秋田おばこ」が ユーモアたっぷりに案内してくれました。最後に記念品などの関連グッズの販売も。わずかでも赤字解消の手助けになればと、販売に協力。終点の八島駅まで飽きさせない1時間ちょっとの電車の旅でした 。「由利高原鉄道 鳥海山ろく線」は今年で開業30周年ですが、赤字縮小を目指し、積極的にアイデアを出し合い、努力をしている姿勢が見られます。
  

          DSCN9079_convert_20160708202812.jpg



          DSCN9078_convert_20160708202746.jpg

 八島駅到着後、回送していたバスに乗り換えて出発する私たちを、雨の中にもかかわらず、「秋田おばこ」が横断幕を手に、最後まで手を振って見送ってくれました。サービスと言えばそれまでですが、関係者のひたむきさがとても伝わってきました。バスは「花立牧場公園・花立クリーンハイツ」に向かい、公園内のレストランで昼食。


         DSCN9086_convert_20160708202843.jpg


 小雨模様でしたが、希望者だけ20人ほどが「チップロード・ウォーキング」に。「チップロード」は、路面に間伐材チップを敷きつめ、膝への負担が少ない全長約3㌔の緩やかなアップダウンのある散策路。傘を差しながらの牧場公園内のウォーキングを十分楽しみました。


          DSCN9095_convert_20160708203007.jpg


          DSCN9093_convert_20160708202943.jpg



          DSCN9088_convert_20160708202916.jpg




 帰路では、由利高原の「石田牧場」でハム、チーズなどの畜産品を、更に「道の駅大内」に立ち寄り、野菜などの農産品なども購入し、楽しみ満載の日帰り旅行でした。


 
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/888-5e9a05b7