DSCN9168_convert_20160709100651.jpg



 今回は大潟村役場が募集 した「健康ウォーキング」に参加し、仙北市の乳頭温泉郷に行ってきました。「大潟村国民健康保険」と「すぽーれ大潟」が主催です。
 


 参加者は、希望者と「すぽーれ大潟」スタッフ、サポート役の「大潟村山友会」会員など総勢44人。「すぽーれ大潟」の年齢構成から言っても、ほとんどが高齢者です。その上、圧倒的に女性が多く、男性は数人ほど。

       <参加者全員で記念撮影>
       DSCN9174_convert_20160709100717.jpg


ストレッチの後、ブナ林に向かいました
       DSCN9145_convert_20160709100436.jpg


 午前7時、大潟村の村民体育館を大型バスで出発。秋田道を経由し、9時30分には「乳頭国民休暇村」に到着です。天候は薄曇り、標高が高いため、暑さはありません。国民宿舎「乳頭温泉」前の駐車場でストレッチを行い、「自然の小径」コースへ。一帯には体力や温泉の好みによって「鶴の湯旧道コース」、「湯めぐりコース」など5つのトレッキングコースがあります。



        DSCN9147_convert_20160709100500.jpg


 昼前後には雨天になるとの天気予報 。できれば雨は避けたいところです。 「自然の小径」コースは、新緑のブナ林を歩く高齢者にも優しいウォーキング・コース。穏やかな登りが続き、「から吹き湿原」へ。水芭蕉の葉の大群落が見事でしたが、花はすでに終わりでした。他の観光客を案内していたガイドは、クマ除けの鈴を携帯していましたが、うっそうとした茂みでは時折、ホイッスルを吹いていました。各地で出現しているクマを警戒しているのです。



         DSCN9149_convert_20160709100523.jpg

         珍しい花を発見。ショウキランです
         DSCN9159_convert_20160709100548.jpg


         ギンリョウソウ。またの名はユウレイタケとも
         DSCN9160_convert_20160709100611.jpg

          空吹き湿原のミズバショウ
         DSCN9161_convert_20160709100631.jpg





 10時過ぎ、小休止をしている時にスマホから「雨雲接近中」の警報。程なくしてぽつぽつと小雨が降り始めました。雨具を用意した参加者は雨具を。こんな時にもブナ林ではブナの葉が雨除けの働きをしてくれ、さほどの雨粒を感じません。そこで私は折り畳みの傘で間に合わせました。激しさをます雨のため、帰りを急ぎ「国民宿舎」へ戻りました。

 「国民宿舎 乳頭温泉」の温泉は、私の好きな温泉の一つ。特に露天風呂は、まるでブナ林の中で温泉に浸かっているような雰囲気。激しい雨が新緑のブナと好対照。つくづく幸せなひと時を過ごしました。

 村に帰ってからの恒例の反省会。 「すぽーれ大潟」スタッフや「山友会」会員など、いつもよりはるかに多い⒑数人が出席しました。それもそのはず、何んと「クマ鍋」を囲んでの宴会でした。人数の割にはクマ肉に限りがありましたが、タケノコ 、大根で煮込んだクマ鍋は、貴重な初体験になりました。 
 



Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/887-74e9dc63