2015.01.04 伊勢路へ
 決して信心深いわけではありませんが、熱田神宮に続き伊勢神宮へ行ってきました。


     DSCN6326_convert_20150107093124.jpg
 名古屋に住んでいた頃、折に触れては伊勢神宮やおかげ横丁を訪ねていましたが、正月に伊勢神宮を訪ねたのは今回が初めて。

 近鉄名古屋駅から近鉄特急を利用。伊勢志摩方面と大阪・難波行きの特急が出ていますが、伊勢・志摩方面の伊勢市駅か宇治山田駅が便利。関東地方に比べ私鉄が発達している中部、関西にふさわしく、全席指定の近鉄の車両はデラックス仕様。

 正月にふさわしい暖かな陽光に心が弾みます。車内は満席、いかにも正月らしい雰囲気に満ちていました。木曽三川を超えると三重県。四日市コンビナートの煙突からは正月というのに煙も。津、松阪、伊勢中川と過ぎていきます。伊勢中川で、大阪方面と分かれます。1時間半ほどで宇治山田駅。大勢の初詣客に混じり、臨時バスで伊勢神宮内宮到着。



     DSCN6324_convert_20150107093057.jpg


 五十鈴川にかかる太鼓橋は、初詣に向かう人と帰る人とでびっしり。それでも神域が広いためか、待たされることはなく初詣ができました。



       DSCN6329_convert_20150107093141.jpg



 神宮内宮前から続くおかげ横丁へ。おかげ横丁は、お伊勢参りで賑わった江戸時代末期から明治時代初期の門前町の町並みを再現した観光地。 おはらい町の中ほどにあり、伊勢志摩を代表する観光地となっている。正月休みとあって大変な人出。歩くこともままならいほど。陶器や組みひもの店を見た後、食事を・・と思っても、食べ物屋の前はどこも人待ちの長い列。前の人に続きノロノロと進むありさまで、自由に歩くこともままならいほど。陶器や組みひもの店を見た後、食事を・・と思っても、食べ物屋の前はどこも人待ちの長い列。



       DSCN6330_convert_20150107093222.jpg




       DSCN6333_convert_20150107093239.jpg


 裏通りを抜けて内宮前の焼肉屋へ。満席でしたが待つこともなくすんなりと席を確保できました。その名も「いっしょうびん」という松阪では名の知れた焼肉店。確かな味に満足して帰宅しました。

 ところでこの近鉄・宇治山田駅は初詣の首相や皇族方が利用するため、駅舎がとてもシック。駅構内とは思えない雰囲気が素晴らしい。明けて5日、首相は恒例の伊勢神宮に参拝するはずと思います。



       DSCN6337_convert_20150107093257.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/840-6eda8bfd