2014.08.27 北海道上陸
 いよいよ北海道に渡る当日を迎え、少し緊張気味。
ネットで予約済みの「津軽海峡フェリー」は、午前10時青森を出港する全長136.6㍍の新造船「ブルードルフィン」です。

      DSCN5359_convert_20140927133249.jpg

         

          
 渋滞その他のアクシデントに備え、早めの午前7時には道の駅「浅虫温泉」を出発。
車は順調に青森市内に入り、フェリーターミナルには乗船1時間以上前に到着しました 。簡単な乗船手続きとチェック後、係員の誘導で我がキャンピングカーはフェリー後部から船内へ。


           DSCN5330_convert_20140927132837.jpg



           DSCN5332_convert_20140927133018.jpg

            

 駐車スペースは、更に上の階に。定位置に駐車して車から客室に移動しました。フェリー乗船という初体験の緊張から解放され、ホットひと安心。上部甲板最前部に大きな窓とリクライニング・ソファーの「オーシャンビュー」が指定席。天気は快晴、後部甲板から出港風景と去りゆく青森市街を眺め、初体験の北海道旅行がスタートしました。


            DSCN5335_convert_20140927133045.jpg


 船内にはレストランがなく、昼食は船内売店で購入した駅弁で有名な「長万部のかにめし」。但し、これは冷凍品のため、備え付けのレンジで解凍して食べるシステム。中学校の修学旅行先が函館でした。当時は行きも帰りも青函連絡船に乗船。今回はフェリーでの移動ですが、時の流れを感じます。乗船3時間40分で、函館フェリーふ頭到着。案内に従いフェリー内のキャンピングカーに乗車して接岸を待ちます。いよいよ北海道上陸、感激の一瞬でした。


          DSCN5347_convert_20140927133142.jpg



          DSCN5349_convert_20140927133211.jpg



 取りあえず金森函館赤レンガの駐車場に車を駐車して散策。8月の終わりらしく、各館内は若い旅行客でにぎわっていました。今夜は函館駅に近いビジネスホテルへ。函館は、観光都市にふさわしく、駅周辺に大小のホテルが多数並び、料金も利用しやすい設定にされているので便利です。夕食は、ホテルで紹介してくれた魚介で評判だという函館駅近くの居酒屋へ。北海道上陸と、 以後の安全を祈願し、 刺身の盛り合わせ、イカ刺とビールで夕食を。

 ホテルのアドバイスで定番の函館山からの夜景見物に。函館駅前からバスで山頂へ。夜間にもかかわらず山頂周辺は修学旅行生や観光客で大賑わい。下りのケーブルカー乗り場では長い乗車待ちの列ができ、20分待ちとか。函館市街や漁火の夜景を楽しみ、初日のスケジュールが終了 。
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/817-47a267e3