今朝も又、いつものように大潟村商店街の一角で「潟のラジオ体操を楽しむ集い」がありました。

     DSCN4073_convert_20140313111908.jpg



       
 氷点下の厳しい寒さにもかかわらず、いつものメンバー10人が顔を揃えました。

 いつもと違うのは今日3月11日は、あの忌まわしい「東日本大震災」から3年目となる日です。ラジオ体操に先立ち、全員で震災の犠牲になった方々のために黙祷を捧げました。「新しい朝が来た、希望の朝だ・・・・」という「ラジオ体操の唄」の歌詞を聞きながら、再び朝を迎える事が出来なかった震災被災者の無念を思うと、体操を続けている現在の自分に置き換え複雑な思いにとらわれました。

 午後から、「梅林オーナーの会」主催の剪定講習に参加しました。この会に入会してから、すでに6年になろうとしています。現在は4本の「梅の木」オーナーとして、除草や防虫などの管理をしながら収穫の喜びを味わい、同時に梅漬けに加工し、健康食品として食事に彩りを添えています。

 自宅から徒歩10分程の幹線道路沿いに、幹線道路沿いに梅の木が並んでいます。その中の1本を「標準剪定木」として、剪定講習が行われます。講師は、男鹿市在住の加藤作美氏。年一度、この講習会でお会いするだけですが、寒さを吹き飛ばすような元気さと、年齢を感じさせない熱のこもった講習は、会員を引き付けて止みません。剪定技術を、人生に例えて説明をする「話術」も加藤先生ならではの魅力です。


       DSCN4068_convert_20140313111804.jpg


       DSCN4070_convert_20140313111832.jpg


       DSCN4079_convert_20140313111937.jpg


      DSCN4083_convert_20140313112007.jpg


      DSCN4084_convert_20140313112040.jpg


 寒さの中で1時間半、梅の剪定講習が続きました。村の周囲はまだ雪が残っていますが、今月中には剪定をした方が良いとのアドバイス。天候が回復したら、見よう見まねで作業に取り組もうと思います。

 講習後、村民センターで「梅林オーナーの会」総会があり、私は今期、会の「監事」に推されました。固辞をしましたが、推挙をされた以上潔く引き受けることにしました。
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/794-04b8d1f1