少しだけですが、春の訪れが感じられるようになりました。今日から弥生3月スタート。

       DSCN4057_convert_20140303100629.jpg



             
 この日を機に、ここ大潟村で新しい試みが始まりました。
村民に呼びかけての「潟のラジオ体操を楽しむ集い」(呼びかけ人代表・伊藤功正さん)」が、村民 に呼びかけて1日、スタートしました。


        DSCN4053_convert_20140303101032.jpg
           

 気温0度前後と、厳しく冷え込んだ午前6時半。大潟村商店街に面する広場に、三々五々村民が集まり始めました。商店街とは言っても、立ち並ぶ大都市のそれとは違い、郵便局、居酒屋、歯科医院、整骨院、理髪店、雑貨屋などの、生活する上で最低限必要な商店が10軒ほど並んでいるだけのごく小さな商店街です。代表の伊藤功正さんが、徒歩で現れました。商店街の理髪店や居酒屋の経営者も、この体操の呼掛け人として参加。私を含めて総勢13人。早朝、屋外でのラジオ体操には少し厳しい気温です。これから一日毎に春めいて穏やかな気候になるにつれて参加者も増えてくれるでしょう。それまでの辛抱!

 ラジオは電池式の携帯ラジオを準備。大潟村体育館が派遣してくれた体育指導員も参加。
やがて定刻の6時半。ラジオから流れる「ラジオ体操の歌」と、簡単な準備運動の後、誰もが知っている「ラジオ体操第一」が始まりました。それぞれが思いおもいの場所で、リズムに合わせて体を動かします。私はある種の感動を覚えながら、一生懸命にラジオ体操を楽しみました。時間にしてわずか10分程度の運動ですが、ジンワリと体が熱くなり、続けられそうです。何より、これまで知らなかった人たちとの出会いの場となったことです。

 小さな村とは言いながら、人口3千人の村で始まった、たった13人のラジオ体操。
数字的には少ないかも知れませんが、何と言っても初めての試み。実現にこぎ着けただけでも充実感があります。伊藤代表の言葉にあるように、「健康増進と相互の交流」が目的です。気候が良くなれば共感する人たちも徐々に増えていく事でしょう。

 充実した一日のスタートを切ることが出来ました。皆さんも挑戦してみたら如何でしょう!


       DSCN4054_convert_20140303100459.jpg


       DSCN4055_convert_20140303100530.jpg



       DSCN4056_convert_20140303100600.jpg


  

 
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/790-972caff7