朝目覚め、2階から外を見てアッと驚きました。何と一夜にして真っ白な銀世界が広がっていました。

      DSC_5979_convert_20131217204328.jpg
 
 天候が悪化するとの予報はありましたが、これほどの大雪とは!。

 本当に驚きました。雪には慣れてはいるものの、一夜に30~40㌢も積もるとは・・・。
場所によっては雪が膝くらまで積り、慌てて雪かきをしました。それでも今日は味噌作り3日目。

 午前9時、加工所集合。前日に蒸した米に麴菌を混ぜ、一晩「第一発酵機」に入れいた米袋を一端取り出すところから作業開始です。それぞれの目印が付いた袋から、麹菌で発酵中の米を大きな金属バットに空けていきます。素手では熱い為、送風機で風を送りながら、塊になっている米を更に丁寧にほぐしていきます。その後、再び元の袋に戻して今度は「第二発酵機」で発酵を続けます。反省点もありました。私の米袋は、市販の蒸し器用のネットを二つ折りにしてミシン掛けしたものです。一方他の方々は、ネットを2枚合わせたもので私の倍の大きさです。バットからこの米袋に戻す際、バットを袋にかぶせて一気に戻せますが、私の袋は小さいため手間取りました。来年は改良する必要が・・・。これらの作業は、誰それの区別なく、全員で手際よく処理ししていきますますが、およそ1時間ほどで終了。


     DSC_6010_convert_20131217204632.jpg



     DSC_6011_convert_20131217204656.jpg



     

 帰る際には、明日の作業である大豆を蒸す為の袋を、加工所から借りて持ち帰りました。
自宅で大豆3㌔を水洗いし、翌朝まで浸水します。大豆は水を吸収しやすいので、何回か水を補給します。ほとんどの方が普通の白大豆を使いますが、友人と私、そしてごく少数の方が黒大豆を使用。私は黒大豆の方が味噌のコクがあり、味わいが深く好きです。こうして3日目の作業は終了。
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/780-d59e1760