2013.10.27 再会劇
 10月26日、全日本写真連盟(全日写連)イベント出席のため炭窯の建設作業を休み、紅葉真っ盛りの田沢湖へ行ってきました。
     DSCN3696_convert_20131101123250.jpg
 

 
 「全日写連 北東北ブロック」と「朝日新聞社」が主催する「田沢湖・乳頭温泉郷周辺ブナ林撮影会」に、秋田県本部名誉顧問として出席するためです。

 これまでは、各県単位でそれぞれにイベントを開催してきましたが、今回初めて本県と青森、岩手、宮城各県が一堂に会し、撮影会とコンテストを開催する事になりました。会場は秋田県仙北市田沢湖生保内字駒ケ岳の「田沢湖高原温泉 ハイランドホテル 山荘」。80人近い参加者が集まりました。

 受付後の写真教室は、コンテストの審査員も務める「全日写連関東本部」委員でもある写真家の山本純一先生が講師役に開催されました。アマチュア出身の山本先生は、プロジェクターを使い、北海道の自然と動物をテーマに撮影した作品を映写しながら、作品の背景や撮影の苦労話を紹介。あわせて撮影上の技術的な点についても触れ、分かり易く親切な教室は90分にも及びました。自然や動物撮影については、「イメージを実際に作品にするまで数年もかけます」との真摯な姿勢がとても印象的で共鳴出来ました。



       DSCN3701_convert_20131101123314.jpg



       DSCN3704_convert_20131101123339.jpg

夜の懇親会では、思いがけない再会(?)があり、うれしいひと時を過ごすことが出来ました。この春まで、2年間にわたって作品を見させていただいた「青森支部」の会員8人が参加していたのです。作品を通してお名前は存じ上げていましたが、実際に対面をするのは双方とも初めてでした。しかし、「あゝ、あなたが・・・・」と、まるで旧知の間柄のように打ち解けて話しが弾む再会劇でした。来年の開催は青森県だと、再会を約して記念写真に納まりました。



      DSCN3709_convert_20131101123405.jpg


 翌朝は小雨交じりでしたが、しっとりと雨に濡れた紅葉がきれいでした。会員の方々は、田沢湖・乳頭温泉郷周辺ブナ林などの写真撮影に出発しましたが、私は一足先に田沢湖高原を後にしました。

 撮影会で撮影した作品は、来年1月に審査が行われ、入賞・入選作品は、朝日新聞の青森、岩手、秋田県版に掲載されます。更に、平成26年5月、秋田市の「アトリオン」で開催される「秋田写真サロン2014作品展」で併設展示の予定です。


Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/774-65c19696