2013.06.19 大潟村へ戻る
 名古屋滞在中は、6月とは言え連日34度前後の暑さでした。湿度も高く、大潟村の夏のようなものです。
 その名古屋から19日、大潟村の我が家へ戻りました。

 中部国際空港は、ほぼ1年振りの利用となりました。
この所、東京・羽田空港を利用する機会が多かったのですが、久しぶりの中部国際空港。展望デッキではチョッと珍しい機体を発見!


空港内の施設がわかるように撮影
          DSCN2539_convert_20130621215604.jpg


 ボーイング・ジャンボジェットを、更にブットクしたようなずんぐりとした機体。知ってはいましたが、実物を見るのは初めて。何かと話題のボーイング787機の主翼や部品などを搭載、アメリカ・ボーイング社へ輸送するための機体です。世界に4機しかないこの貨物機。胴体には「DREAM LIFTER ドリームリフター」と表示がありました。ボーイング747を改修・改造した為、胴体が異状に膨らんでいます。


      ジャンボ機の背中部分を太くしたようなドリーム・リフター
      DSCN2541_convert_20130621215650.jpg



      DSCN2546_convert_20130621220750.jpg


      

 ドリームリフターが飛来するのは、週に一度か、10日に一度程度と言いますから、大変ラッキーでした。
昼食はいつもの「まるは食堂」。いつも大人気で、今回も名前を記入して順番待ち。10分程度でテーブル席に就くことが出来ました。ヒラメとハマチの刺身、味噌汁にエビフリャ2本の「まるは定食」で大満足の食事。



       DSCN2538_convert_20130621215538.jpg



       DSCN2540_convert_20130621215627.jpg


 ANAの秋田便は、いわくつきの「ボンバルディア」ですが、今どきプロペラ機への搭乗は貴重。大きな6枚のプロペラを眺めながらのフライトでした。


        登場の際、ボーディング・ブリッジを使えない。バスで移動中の車内から
        DSCN2555_convert_20130621220823.jpg


            高速シャッターを切るとプロペラが見える
            DSCN2558_convert_20130621220846.jpg


 大潟村の我が家の庭では、留守中にバラが一斉に咲いたらしく、花びらが散ったり雑草が生えたり。
何より驚いたことは、「アリスイ」が出入りしていた巣箱には又「コムクドリ」が出入りしていました。一体どうなっているのか・・・・、明日にでも確認しなければ。

 東京、名古屋の滞在を終え大潟村へ帰りましたが、明日から気持ちを切り替えて暮らさないと・・・。


 

 
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/746-e70f9dc2