69歳の誕生日前日の16日、「秋田県立脳血管研究センター」で定期検診を受受診しました。
 「秋田県立脳血管研究センター」は平成22年7月、私が初めて脳ドックを受診した医療機関です。

 これは大潟村が実施しているもので、一定の年齢に達していれば補助を受けて受診する制度です。今では各地の自治体が行っていると思います。村からは2万円の補助が出ます。平成22年7月の受診結果は、脳出血や脳動脈瘤の兆候はないものの、一般的な血液検査の数値は想像以上に悪いものでした。

 更に、翌平成23年秋に行われた村の「人間ドック」では、コレステロール、体重、血糖値などは、ほぼあらゆる数値に問題があり、メタボ対策の必要に迫られました。社会人となって以来、食べたいだけ食べ、飲みたいだけ飲むという生活習慣の「つけ」と言っても良いでしょう。

 自分自身の健康管理がでたらめだった事実に腹が立ち、一念発起を決めたのが平成23年暮れでした。翌24年1月からは、一日最低1万歩のウオーキングと食事面では野菜摂取を心がけ、ご飯は1食100㌘、体重や血圧測定などをし、パソコンに記録する事にしました。

 その上で同年1月末、再び「秋田県立脳血管研究センター」を個人的に受診。
主な検査項目はMRIなどの脳検査、超音波による頸動脈の動脈硬化、血液検査など。前年秋、村が実施したドックの数値から、生活習慣の改善に本格的に取り組むためにも受診しました。

 2月、検査結果をもとに担当医師と面談。
わずか数カ月でしたが、血液検査の結果では、数値の改善が見られるとの診断結果に勇気づけられました。
その後は、現在でも3カ月ごとに「秋田県立脳血管研究センター」で定期検診をしています。昨年1年間の生活習慣への挑戦は、負けず嫌いと言う性格も幸いしてか、満足ゆく結果を示しています。

 例えば平成22年7月と平成25年1月の数値のうち、脂質について比較して見ましょう。
総コレステロール221mg/dl→165に、HDLコレステロール69mg/dl→83、LDLコレステロール143mg/dl→
66、中性脂肪116mg/dl→104mg/dlと、それぞれ改善されています。ちなみにHDLコレステロールは善玉、
LDLコレステロールは悪玉コレステロールとも言われています。

また、村が行った「人間ドック」の数値のうち、平成23年と24年度の比較を見ると体重63.8kg→58.1、
BMIは23.9→21.9、腹囲85.0㎝→76.0にそれぞれ減少し、メタボも非該当となりました。勿論この数値だけで軽々しく健康云々を判断する積りはありません。しかし、少なくとも生活習慣と言う面では改善されたと思います。

 私は決して「健康おたく」と言うほどではありませんが、残り少ない時間をより健康に全うする為、自らの自己責任として楽しみながら取り組んでいる事は確かです。年1回、村で実施されている「人間ドックや「脳ドック」受診をしていなければ、今頃はきっと「生活習慣」のつけが更に加速されていたでしょう。、


 
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/696-f9d12bf0