2012.11.12 野生の力
 秋の深まりと共に悪天候が続いていましたが、久しぶりに晴れてのどかな日曜日。
 朝食後、何気なくウッドデッキに目をやると、力なくずくまっている一羽の野鳥が・・。

 これまでにも何回か自宅の窓ガラスに野鳥が激突する出来事がありました。普通は激突した時の衝撃音が聞こえることが多いのですが、今朝は気が付きませんでした。どうした事かと、ガラス戸を開けても動こうとしません。私の姿にも逃げるだけの力がない様子。

 自宅の窓ガラスをよく見ると、近くのガラスに何かがぶつかった形跡と、わずかに産毛も残っています。どうやらこのガラスに激突してウッドデッキに落ちたものと思います。野鳥図鑑で調べてみると、「メジロ」のようにも見えますが正確なことは分かりません。カメラのシャッター音には敏感に反応しますが、再び力なく目を閉じています。

 私は自然界の野生に関わる事柄に必要以上に干渉する事は避けたいと思っています。
感傷にとらわれず見守る姿勢に変わりはありません。しばらくそっとしておくことにしました。30分程後に庭に出てみると、依然としてもとのウッドデッキにうずくまっていました。再度撮影をするため室内に戻りウッドデッキを見ると、すでに野鳥の姿はありませんでした。その瞬間を目撃する事は出来ませんでしたが、恐らく元気を取り戻し飛び立ったのでしょう。

 野生の力は私たちの想像を超えています。ホッとしながらも、自然に帰って行った野鳥の行く末を思いながら秋の一日を送りました。 
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/678-a5836757