いつも野鳥の話題ばかりで恐縮ですが、またまた巣箱で「事件発生」です。
 昨年、我が家の庭に設置した3個の巣箱。

 春先からそのいずれにも当初はスズメが巣を構えていました。
その中の1個の巣箱がコムクドリに乗っ取られた「事件」については前回のブログでご紹介しました。
同じような「事件」がもう1個の巣箱にも発生し、厳しい野鳥の世界の「住宅事情」を垣間見ました。

 今朝は何事もなかったようにスズメの番が巣箱に枯草などを運び込んでいました。
それが午前10時過ぎ、気が付くといつの間にかコムクドリが巣箱に取りついて内部を覗っている様子を発見しました。当然、スズメの姿が見えませんが近くで激しく鳴いています。

 コムクドリはというと、巣箱に入ろうとしていますがどうやら中にいるスズメが抵抗しているらしく入り込めません。そのうちスズメが堪りかねたように巣箱を飛出し飛び去ってしまいました。
2羽のコムクドリは巣箱の乗っ取りに成功したらしく、出入りをし始めました。

 コムクドリはスズメより一回り体が大きく労せずしてマイホームを確保するのです。
私は、と言えば居間から2個の巣箱を観察出来るようになったわけですが、とても刺激的な一時を過ごすことが出来ます。ここぞ、と思う時にシャッターを切りながら、乗っ取られたスズメの行く末を案じています。間もなくコムクドリが卵を産み、抱卵が始まります。

       _DSC7452_convert_20120512152553.jpg


         _DSC7465_convert_20120512152645.jpg


        _DSC7467_convert_20120512152728.jpg


        _DSC7471_convert_20120512152818.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/617-31df2e3d