今日から5月。この日を私は少なからず緊張感を持って迎えました。
かかりつけの「県脳血管研究センター」の定期検診日だったからです。
 私は昨年秋、大潟村が実施した健康診断を受診しました。
いわゆる「人間ドック」です。検診結果を受けて大潟村保健センタの健康相談も受けました。
その詳しいいきさつについては1月18日の当ブログで紹介した通りです。

 更に私は、この医療機関で動脈硬化を指摘されていた事を考え、予防のため「県脳血管研究センター」を受診する事にしました。その結果、動脈硬化の改善を図るため、コレステロール値を下げる薬を処方されました。夕食後1錠服用します。あとは生活習慣の改善に徹底的に努力しました。その主なものは食事のカロリー制限とウォーキングなどの運動です。それから3カ月。改善効果の結果が今日の検査で判明します。

 センターでは、まず採血後に医師の診断を受けました。
この日は担当医の都合で不在の為、代わりの医師が対応。血液検査の数値から「コレステロールは理想的な数値に改善され、血圧も異状なし」との診断でした。本当は詳しく項目毎に数値を示されて説明を受けたのですが、予想外の展開にうれしさの余り、どれがどの数値かはっきりしない為、漠然とした結果説明になってしまい申し訳なく思っています。

 しかし、昨年秋に65㌔あった体重は1月には61㌔、現在は57㌔前後を保っています。同じく腹囲は85㌢が81㌢、現在は66㌢に減少。1月時点の体脂肪率27%が、現在は22%。同じくBMIは23.7が22、内臓脂肪レベルは11から7.5といずれも減少しています。これの数値は自宅の体重計によるものです。いずれにしろ何とも愉快な事は、体年齢が58歳から52歳に「若返った」という事でした。

 血液検査の数値は薬の効果もあったと思いますが、それ以外の身体的な改善は、食事と運動のたまものだという印象を強くしました。一つだけ困ったことがあります。何とベルトがブカブカで、止め穴を2つ開けなくえはならなかった事でした。

 「継続は力」という言葉をかみしめ、心は5月の空のようです。

Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/613-4bf0072a