2012.02.27 謎が解けた
 前日の歩くスキーで5㌔を完走。筋肉痛はほとんど無く、日頃のウォーキングの成果かも知れないと思っています。
 間もなく3月というのに、北西からの風は肌を刺すように冷たく痛いくらいです。
北風に負けまいと今日もウォーキングを。

 小雪が舞う夕暮れ時。
玄関に近づいたところ、厳寒の軒先付近から何かが飛び出しました。一瞬驚きましたが、直ぐに野鳥だと分かりました。
同時にここしばらく、玄関先の門燈付近のタイルや郵便受けに野鳥らしい小鳥のフンが散らばっているのを見かけていました。小さなわずかなフンです。野鳥のものとは判断がつきますが、一度も姿を見たことは無く、しばらく不思議に思っていたところです。掃除をしてもいつの間にか又、同様の状況が続いていました。

 今日たまたま夕暮れ時、帰宅しようと玄関に近づいたところ、軒先から2羽のスズメが飛び出したのです。
スズメと判ったのは、4~5㍍離れたハギの枝に止まり、小雪が降る中こちらの様子をうかがっているからです。
察するに、日中はどこかで過ごし、夜だけ軒先で寒さを避けていたのかも知れません。
これで玄関先に野鳥のフンが散らばっていた理由が分かりました。

 2羽は多分つがいでしょう。薄明りの中で小さなスズメが不憫に。
郵便受けの上に米粒を蒔いておきました。

 厳しい寒さや激しい吹雪に耐え、春を待つのは野鳥も同じ。
春先になったらまた巣箱を準備してやらないと・・・・。




 
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/570-737fe71f