何と15年振りにプールに入りました。
 プールで泳ぎました、と書きたいところですが、まだまだ25メートを泳ぐ事が出来ない為に「・・・に入りました」と少々遠慮がちに表現しました。

 村には「大潟村スイミング・クラブ(佐藤弘会長)」があり、会員は週に1度、能代市落合「 能代山本スポーツリゾートセンター・アリナス」の温水プールで水泳を楽しんでいます。

 「アリナス」は、 バスケットボールコート4面の広さで、体操用ピットも完備のアリーナ(体育館)、 温水プール、トレーニングルーム、ランニングコース など充実したスポーツ施設を備えています。また、定員150名の宿泊施設、 レストランや 天然の温泉浴場もあり、スポーツ合宿、各種大会や宿泊研修等も出来るスポーツ施設です。私は初めて「アリナス」に足を踏み入れた事になります。

 「大潟村山友会」や「歩くスキーの会」、「炭焼きの会」などで一緒の仲間が、水泳指導の有資格者だった為、「泳ぐ気があるなら一度来なさい」との勧めもあり、今日実現しました。きっかけは、やはり健康管理。ウォーキングだけでは物足りなく、積極的な運動を・・と水泳を考えました。
しかも、ここ15年ほど泳いだ事がなく、この際きちんとした泳ぎを身に着けたいと「68歳の手習い」となりました。

 もっともこの「大潟村スイミング・クラブ」は、3月7日の泳ぎと総会をもって今年度の活動は終了。稲の種蒔きや畑などの農作業が始まるからです。今年の秋、稲刈りが終了した頃に再開されるようです。今月は29日にも開催予定です。

 会の皆さんに会ったわけではありませんが、今日は公民館から村が所有するバス「かけはし」で能代市に向かいました。
参加者は15人。圧倒的に若い世代が多く、女性が多い事も特徴かも知れません。初めての事ばかりでしたが、この日に備え、水着だけは購入しておきましたが、ゴーグルとキャップは施設から借りました。

 準備体操の後、プールに。水温は33度前後。子育て中という若いママさんたち2人と一緒に基本からコーチの特訓です。この二人は若いだけあってマスターするのも早く、見る見るうちに上達していくのが分かります。私と言えば、息が切れたりするなど、まだまだ。焦らずマイペースで特訓を受ける積りです。当面は、25㍍を確実に泳ぎ切り事を目標に頑張る積り。

 「アリナス」のプールは比較的空いていて、傍らのプールでは高齢者たちが、水中ウォーキングをしていました。 
身体全体を使う水泳は運動量が多く、心地よい疲労感があります。又、わずかに腹筋と太ももの筋肉が張ったような感じも。これなら続けようと実感しました。

 1時間でプールから上がり、シャワーなども使い、12時には帰宅。
入場料は300円。充実した1日になりました。




        CIMG9052_convert_20120224102041.jpg




        CIMG9044_convert_20120224102118.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/563-e04da6ef