6日の当ブログで、参議員院予算委員会の「GKB47宣言!」について秋田県選出の民主党・松浦大悟議員の撤回要求について紹介しました。
 このキャッチフレーズは、毎年3月の自殺対策強化月間にと「自殺対策推進会議」の有識者たちが決定したと言う事です。

 「GKB」は「ゲートキーパーベーシック」の頭文字を採った造語。悩んでいる人に気づいて声をかけ、必要な支援につなげる存在のようです。「47」は47都道府県を示したものですが、言うまでも無くこれは現在活躍中の人気アイドルグループ「AKB48」をもじったものであることは想像に難くありません。

 その後のうわさ話によれば、民主党の蓮舫議員や「AKB48」の生みの親、秋元康などの存在が言われ、出来の悪いドラマの舞台裏が透けて見えてきます。

 松浦議員の撤回要求に岡田副総理は、「色々な見方があるが、昨年11月に決定された。直ちに変更する事は考えていない」と硬直した答弁。さらに政府側からは村木厚子・内閣策統括官が、「違和感があるとの指摘はあったが、事情を説明した」と答弁。これに対し議長である石井一予算委員長が、「この際、委員長として一言申し上げたい。これは人の命に関わる厳粛な問題だ。松浦議員の主張には胸に迫るものがある。僭越ながら政府に対し、このキャッチフレーズを検討する事を委員長として要請する」と異例の発言をしました。

 さてこの問題がどのように決着したか。
新聞報道によれば、岡田副総理が「撤回」を発表しました。印刷したポスター25万枚は回収し、新しいキャッチフレーズは「あなたもゲートキーパー宣言!」としました。ちなみにかかった印刷費用は300万円との事。
岡田副総理は、「どうしても困るという方の声に耳を傾けなければならない。かなりとがった表現だと思ったが、すでに決まっていたこともあって了承した」と撤回理由を語っています。国政を担う人たちと我々国民との感覚のズレが怖い。
税金の無駄がここにも・・・。

 今回は良い結果に落ち着きましたが、原子力行政始め年金、社会保障など、あらゆる分野でこのような状況なのではないかと、疑いの念が消えません。

 
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/552-45c5a19e