「花の百名山・森吉山」はこの季節、モンスターとも言われている樹氷で知られています。
そのモンスターに会いに行ってきました。
 前日は、この季節には珍しく晴れ上がりました。
森吉山の樹氷を見ようと心がけている方なら、この天気はまたとない絶好のチャンス。

 今日もまた一日だけ晴れる、との天気予報。とは言いながら、冬山の単独行は避けたいところ。その為、決心がつきませんでしたが、晴天ならば大丈夫と判断し、森吉山へ行ってきました。

 朝8時半、大潟村を車で出発。隣の八郎潟町へ入ると、大潟村とは比較にならない積雪量の多さ。町財政の影響か、町内の除雪もままなら様子で交通にも苦労しました。厳しい寒さで道路はアイスバーン。峠や山越え、トンネルも慎重にハンドルを握り、2時間ほどで北秋田市・阿仁スキー場に着きました。駐車場は思いのほか車の数が少なかった中で、大潟村写真クラブの進藤会長とバッタリ。

 真っ青な空に新雪。爽快、というのはこのような気分のためにある言葉なのでしょう。
冬山装備を整え、ゴンドラで一気に山頂駅へ。気温は零下10度。立ち寄った山小屋の監視委員によれば、人が歩いた跡を辿ればスノーシューやカンジキは不要との事。

 出迎えてくれたモンスターは、例年とは違い見事な成長振りを見せ、抜けるような青空の下に圧倒的な重量感で迫ってきました。微かに「鳥海山」山頂や「秋田駒ヶ岳」も望める視界の良さ。ゆっくり景観を楽しみながら、「樹氷平」を抜けました。単独行のため今日は山頂を諦め、中腹の避難小屋へ。同年代の2グループがやはり昼食を取っていました。
私も持参したカップめんに湯を注ぎ昼食。

 写真撮影を楽しみながら下山。
4時には大潟村へ帰りましたが、次回は頂上を目指そうと思います。



             大きく成長した樹氷は「モンスター」と言われています
             DSC_6773_convert_20120121100733.jpg



          樹氷と紺碧の空はよく似合う
          DSC_6782_convert_20120121100819.jpg



          「樹氷の森」は、神秘的な幻想の世界
          DSC_6841_convert_20120121102419.jpg



          「樹氷の森」を上から眺めると・・。黒い点は見物客
          DSC_6823_convert_20120121100905.jpg



             ザックにスノーシュー。次回は森吉山頂上(上)を狙う
             DSC_6794_convert_20120121100944.jpg



           この季節にしては珍しい上天気。
           DSC_6850_convert_20120121101018.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/535-48e3dd8a