これ、何かわかりますか?
ヒント⇒ 麹を使っています。
 最近「塩麹」という耳慣れない名前を聞く機会が多くなりました。




         CIMG9185_convert_20120113211531.jpg


書店には、この「塩麹」に関する書籍が多く並べられ、関心の高さを示しています。
何気なく見たTVのコーナーでこの「塩麹」が取り上げられ、興味を持ちました。

 もともと発酵食品には興味を抱いていましたが、この「塩麹」は何だろうと見ている中に「これは作ってみよう」と言う事に。
幸い年末に漬けた「ハタハタ寿司」の麹が300㌘ほど残り、捨てるにももったいないと思っていた矢先です。
これを無駄にするわけにはいきません。早速「塩麹」に挑戦。

 半月ほど冷蔵庫で眠っていた「米麹」は、手に取ると非常に良い香りがしました。
どこか懐かしい優しさにあふれた香り。日本伝統の食文化です。
そこが昨今見直され、静かなブームを呼んでいるのでしょう。納得できます。

 私自身は移住するまで知りませんでしたが、大潟村周辺でもよく漬物にも利用する「三五八」なる調味料があることを知りました。塩分量からかとてもショッパイのですが、これなどが「塩麹」と同じなのではないかと思います。
また秋田県内でも、海から遠い内陸では塩と麹でハタハタを漬け込み、長期保存食とする地域があります。
いずれも生活の知恵からまれた伝統の貯蔵法とみることが出来そうです。

 さて話がそれましたが「塩麹」造り。
麹は余ったものを活用した為、270㌘に水を220cc、塩を80㌘加え良くかき混ぜました。
後は室温でジックリと熟成させます。これだけです。
ただしこれはあくまでも我流ですから、上手くいくかどうかは分かりません。
冷蔵庫で熟成、という方法もありそうですね。

 魚をはじめ、肉の調味料として食べても美味く、優れた食品との事。
ここは大いに興味を掻き立てられ、挑戦したわけです。
結果はまたご紹介します。
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/527-db206c2e