銀行のキャッシュカードが期限切れを迎え、新カードに切り替える事になりました。
普通はそのまま新カードを使用すれば事は足りるのですが、旧カードに記録されているデータを新カードに登録してもらう為、銀行の秋田支店へ。
 新・旧2枚のカードを銀行窓口で呈示し行員に目的を告げた所、しばらく待つようにと。

 10分以上待たされ「旧カードに振り込み先データがありますか」との質問。
名古屋に住んでいた頃開設した口座でその後、再発行もあり記憶が曖昧です。「身分を証明するものがありますか」というので免許証を提示。
「指先の静脈で身元を確認する生体認証データを、新カードに再登録して欲しいだけ」と来訪目的を告げ、処理をしてもらいました。

 万が一キャッシュカードを紛失しても、生体認証で身元確認が出来なければ引き出しが出来ないという便利なシステム。しかし安全の為には便利でも、カード更新時には支店まで赴き登録し直さなければならない、という面倒さがあります。

 銀行では旧カードをコンピュータ上で抹消手続きをし、新カードに新たに登録手続きをします。
右手の指、左手の指それぞれを3回ずつ登録しました。時間はかかりましたが、興味がわくと同時にこれでセキュリティーが確保できれば、とIT技術の恩恵に感心したり驚いたり。

 何だかんだで30分以上かかりましたが無事終了。
秋田西武の地下食品売り場で生タラを買い求め帰宅。明日はタラ鍋を・・・・。

 
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/480-5e10170e