大潟村に移住後、ずっと欲しい思ってきたストッカー。冷凍庫のことですが、念願がかない今日、購入しました。都市の暮らしに比べ、大潟村のような地域では商店が少ない為、食品のストックという事が重要です。
 例えば秋に出回るナメコなどのキノコ類は、冷凍保存し、必要な時にそのまま調理する事が可能です。ハタハタなども急速冷凍し、調理すると、新鮮なハタハタを常時食べることが出来ると聞かされてきました。

 我が家の冷蔵庫は冷凍室もありますが、極めて容量が小さいものです。それでも東京や名古屋では十分でしたが、村での暮らしにはこの冷凍保存用のストッカーが有れば、日常生活は便利になります。しかも冷蔵庫と比較すると冷凍庫は、価格的にも意外なほど安いのです。カタカナ文字の中国製家電メーカー製であれば、100㍑の容量で2万円前後です。最初はこの製品を購入するつもりでした。しかし、何気なく偶然にも立ち寄った別の家電量販店で事態が変更。念の為に立ち寄った売り場で声を掛けられ、日本製品を見る機会に恵まれました。

 海外製品は冷凍した際にかなり多くの霜が付着するそうです。一方、国産品は少し割高ですが、自動霜取り機能が働き、霜がほとんどつかないそうです。その上、外観も普通の冷蔵庫のような構造で整理しやく、出し入れも簡単そうです。最初に見た店で、危うく衝動買いをするところでした。商売とは言いながら、声をかけて頂いた店員さんには本当に感謝!
今秋はキノコや食用菊を冷凍保存し、野菜が無くなる真冬に食べられるようにストックしたいものです。
今から楽しみです。

 今日は終日台風の影響で気温が高い上に湿度も高く、エアコンの世話になっています。しかも明日は、「大潟村山友会」の会員登山が予定されています。行き先は青森県八甲田山。懸念される台風の進路や風雨の状況を見極めて決定されるでしょう。いずれにしても午前5時45分集合です。

 でっかい握り飯を3つ握りました。塩サケと梅漬け、そして3つ目はその両方。
少し焼き、醤油をまぶしてもう一度焼き上げました。山ではこれが一番。漬物はセロリの塩漬け。
どこへ登るにしろカッパと雨除けの重装備になることだけは避けらそうにもありません。



            CIMG7743_convert_20110902224313.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/440-5d6b569a