鮮魚や野菜・果物店が集まる秋田市民の台所「秋田市民市場」は、いつ訪れても楽しい所。
かないり以前から気が付いていましたが、いつか紹介したいと思っていた事があります。
 それは「市民市場」の中にあるトイレにあります。
これは勿論、男子用トイレでの話。女性用トイレではどうなのかは当然の事ながら不明。

 それは市場らしく魚と野菜の栄養学的な分析と、料理法などを詳しく紹介する数枚のビラです。
そのビラが男子用トイレの真ん前の壁に貼られ、否が応でも目に飛び込んで来ます。

 例えば「市場豆知識」として今回目にしたのは、「鯛にあやかり鯛」とか、「暑い夏にはこれを食え!枝豆」、「オクラ」などについて栄養面からの様々な視点で効用を紹介しています。読んでみると「うーん。なるほど!」と思わず知識が豊富になるほどで、立ち去るには惜しいと思うほどなかなか面白いのです。 

 他にも「暑い夏にはこれを食え」として「ネギ」。「市場豆知識」のは「イワシ」や「ウナギ」、更には「魚の照り焼きのコツ」、「鯖の種類と特徴」などが掲示されていました。

 今が旬の「枝豆」には、【夏のビールの友、枝豆は大豆が熟す前の未熟果です。畑の肉と呼ばれるほど良質なたんぱく質に富んだ大豆のメリットと、大豆にはないビタミンCやβーカロテンが豊富な緑黄色野菜のメリット両方を兼ね備えています。代謝を促すビタミンB1は、悪酔いを防いでくれます。アミノ酸の一種メチオニンにも、アルコールから肝臓や腎臓を守る効果があります!葉酸も多く、体の成長促進、貧血の予防に効果あり、また、血液中のコレステロール値を下げる大豆サポニン、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンも含むので、動脈硬化や更年期障害の緩和も期待できます】などと、実に詳しく解説が載っています。

 魚に関してはある出版社の「食材の基本がわかる図解辞典参照」とあり、同誌からの転載と思われますが、ちょっと気が利いた情報発信の一つだと感心しました。「秋田市民市場」の心意気が感じられ、ここに取り上げてみました。

 面白いでしょう?




         CIMG7667_convert_20110823155521.jpg




             CIMG7659_convert_20110823155142.jpg





           
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/430-47b77c48