2011.08.08 梅の日干し
 連日の晴天続き。
今日は立秋ですが・・・・まだまだ暑さは夏真っ盛り。
 強い日差しに誘われて、漬け込んでいた梅を日に当てようと思い立ちました。
今年は全て塩分10%で漬けました。かなり大胆な減塩だと自分では思っています。その分、漬け込む際の殺菌には大いに気を遣いました。幸いこれまでカビの発生はありません。

 しかし、この先の保存と一味違う梅干しにする為、日に当てることにしました。
梅が入った容器を炎天下に持ち出し、1つ1つ竹製の平たいカゴに並べていきます。梅独特の香りが広がりつばが出てきます。試しに食べてみましたが、良い味です。きれいに並べているうちにつくづく先人の知恵に敬意を。
しばらくして見ると、確かに梅の赤が増していました。

 先日の県外登山の際も、梅干しを入れ、焼きおにぎりにしました。
早朝の出発のため移動中の車内で食べましたが美味いこと美味いこと!。山でも疲労が極限になるとおにぎりも食べられなくなる時があります。そんな時に梅干しの力は偉大です。そんなことを考えながら梅を眺めると、いとおしくさえなります。

 いずれまた寒い季節が来ます。
温かい飯に梅干し。剪定から収穫、そして漬けるまでの長い工程があって初めて梅漬けに。その過程がまた楽しいものなのです。田舎暮らしの醍醐味と贅沢。健康に悪いはずがありません。



            CIMG7636_convert_20110814100220.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/421-83824a6f