2011.08.03 登山初日
 いよいよ今日は山へ向かう日です。
5人の相部屋でしたが、誰言うとなく5時には起床。前夜は花火見物から宿に戻って入浴後、山登りに備え、そのまま10時頃には就寝。
 起床後は雑談に興じながら山歩き用の身支度を整え、6時半朝食。

 昼食のおにぎりを受け取り、7時に宿を出発。狭い山間を縫うように山を登り詰め、山古志村を経由しました。耕して天に至る、の例えのように、狭い棚田が並んでいました。途中で見かけた小川は、先日来の豪雨で氾濫したのか各所で土がえぐられたり、土砂が流れ込んだりと、痛ましい状況が残っていました。

 やがて車は見覚えのある苗場スキー場を横に「苗場ふれあいの郷」駐車場に到着。目指すは標高1,984㍍の「平標山(たいらっぴょうやま)。この山は谷川連峰の西端に位置し、「花の百名山」にも選ばれています。たっぷり時間をかけてストレッチ。「長岡ハイキングクラブ」からは4人が同行することになりました。

林道から「作手山コース」の登山道に入ると、いきなり急な登りが始まりました。天候は薄曇りでしたが登るにつれガスは深くなり、周囲の山々や景観も見えません。登山道は整備されていますが、木製の階段が延々と続き、むしろ歩きにくいと感じました。わずかのアップダウンもなく、ただひたすら急登の連続。日頃、他の会員達より体力がないことは自覚していましたが、渾身の力を振り絞り、皆についていくのが精いっぱいでした。余りの辛い登りに「どうしてこんな山を選んだのか」とか、「もう年齢的に限界か」などと、マイナス思考にとらわれてしまいました。

 大鉄塔付近で小休止。再び歩き始めた直後、会員の1人が太ももの痙攣と痛みを訴えました。これ以上の登山は無理と自身で判断し、同行したバスのドライバーと下山することになりました。私も太ももに痛みの兆しを感じましたが、そこでふと気が付いた事があります。以前、疲労を抱えて休憩後、歩き始めて間もなくそのような筋肉の硬直や痙攣に襲われた時の事を思い出しました。硬直や痙攣は、休憩で体が冷えるためではないのか・・・と思いました。違和感を感じたら、ゆっくりと太ももの筋肉をいたわりながら歩き続けると、やがて回復していくことが分かりました。

 冷たい風と霧雨のため視界は最悪。頂上は更に天候が悪いとの判断で、笹が生い茂り風を除けることが出来る地点で昼食と休憩を。さらに頂上を目指す一行の目に入ったのが、高山植物群が一斉に花開く「花の百名山」の姿でした。疲れ切ってカメラを取り出すのもおっくうな状態でしたが、悔いを残したくないと撮影。霧の中でも一帯に咲き誇る高山植物群に周囲からも感動の声が聞こえました。12時30分、標高1,984㍍の「平標山(たいらっぴょうやま)」頂上に到着。肌寒いくらいの天候のため体が冷えます。冷えは体力を奪うため記念写真撮影後、直ちに別ルートから下山開始。しかし、この下りが又ひたすら急こう配の階段の連続でした。慎重に足を運ばないと膝を痛める原因になってしまします。

 2時間近くかけようやく林道に出ました。さらに林道を1時間歩き元の登山道へやっと帰り着きました。
本当に辛い山でした。

 今夜の宿泊は「三国荘」です。ここでビッグサプライズが待っていました。
夕食後、皆で雑談をしている時、私が観光会社のドライバーに「出身は?」と聞くと「藤里町」との答え。
「藤里は私の心の故郷だ」と言うと、同町で民宿「だまこや」を営む私の小学校時代の同級生、村岡君と中学校で同級だったとの話。ドライバーの彼が通った小学校は、私が通学した藤里町の小学校とはまた別の学校でしたが、中学校では皆同じ学校に通ったようです。私はすでに二ツ井町へ転校した後だった為、彼とは一緒の時期はなかったものの、まさしく同級生ともいうべき存在です。

 不思議な縁を感じました。私があげる同級生のほとんどの名前を彼もまた知っていました。周りで耳を傾けていた山友会の人たちも、村岡君との出会いの時と同様、再び「山友会」を通して出会った私と友人との不思議な巡り合わせを喜んでくれました。

 秋、再会を約束したことは言うまでもありません。




          CIMG7180_convert_20110811185357.jpg




          CIMG7184_convert_20110811185436.jpg




               CIMG7194_convert_20110811185515.jpg




          CIMG7209_convert_20110811185555.jpg




          CIMG7214_convert_20110811185627.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/420-e373c875