早朝目覚めると、何か騒々しい物音がしていました。
強い風が吹いていると思ったのは勘違いで、かなり激しい雨音だったのです。ここ1ヵ月近く雨が降らなかったため、雨だと思いませんでした。
 大潟村では26日振りの雨のようです。
降り続く雨は大粒で、かなりの降雨量が期待できそうです。芝生や庭木も久しぶりの雨に青々として、葉が生き生きとして見えます。何より農家の方々にとっては恵みの雨になっているはずです。

 さて今日は私達が住む住区の皆さんと、大潟村の高橋浩人村長、副村長との懇談会が村内のサンルーラル大潟で行われました。「大潟村情報発信者入村事業」について意見交換をする会合です。
昨年、私たちがまとめた「『情報発信者入村事業検討委員会』の報告書に対する村の考え方及び改善策」が提示されました。その後、村当局の改善策を巡って意見交換が行われましたが、詳細についてはご紹介は出来ません。初の試みで、大変有意義な会合でした。

 昼食はホテル・サンルーラル大潟8階のレストラン「モーレン」で。「大潟村ご当地グルメ推進協議会」が今春からデビューさせた新メニュー「大潟村あきたこまち三彩うどん」でした。「新ご当地グルメ」として現在、大々的に売り出しているものです。一度ご紹介したいとは思って来ましたが、私も今日、初めてお目にかかることが出来ました。セールスポイントは、3種類の麺が全て地場産「あきたこまち米粉」から作られている事。「旬の野菜」「オリジナルつけだれ」です。

 3種類の麺とは、米粉の白とカボチャ入りの黄色、古代米入りの黒い麺です。
この麺に、3種類のつけだれが出されます。これは、「三彩うどん」を提供する「サンルーラル大潟」「ポルダー潟の湯」「産直センター潟の店」各店のオリジナル。今日は中華風そばつゆ、黒大豆味噌の胡麻和え、トマトソースのようでした。それに加えてカボチャのスープと旬の地場野菜を10種以上使ったサラダボール。さらに米粉のクッキーなどと、盛り沢山でした。これで1、000円ですが、各店とも季節によってつけだれは変わります、との事。

 村内でも色々な意味で話題にはなっていますが、「これがウドンかな?」と言うのが正直な印象ですが、なるほどこれが「サラダ仕立て」ということかなと・・・・。今、各地でB級グルメが取り上げられ話題を呼んでいます。「三彩うどん」が同じように知名度が高まることを願うばかりです。

 皆さん、ぜひ大潟村で一度「三彩うどん」を味わってください




         CIMG6954_convert_20110728232541.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/413-a78e446a