高校野球秋田県大会の取材開始から1週間を迎えました。
朝8時には自宅を車で出発し、9時過ぎには八橋球場に到着。バックネット裏の本部席にある朝日新聞の取材本部に顔を出します。
 その日の取材ポイントなどを打ち合わせた後、束の間のくつろぎタイムです。
私より30歳以上も若い総局員たちの皆さんが、とても気を遣ってくれていることが分かります。

 総局にいて内勤をしている責任者からは毎朝「ご苦労様です。よろしくお願いします」とメールを頂戴します。紙面に掲載された降りにはその事にも触れ、恐縮するくらいに気遣って頂いています。私も謙虚にその気遣いを受け、有難いことだと日々感謝をしています。後輩社員たちの節度ある思いやりや心遣いが、とてもうれしい。

 今日はまた台風の影響か、風が強く、紫外線もさぞ強烈だろうと思っていました。案の定、左上腕部が真っ赤に日焼けし火ぶくれ状態になり、程なく水泡ができ、少し触れただけで皮がむけてしまいました。
濡れタオルで冷やすと気持ちが良いのは火傷と同じです。ヒリヒリと痛いのですが我慢、我慢で取材続行。

 毎日毎日硬いコンクリートに座り続けたせいか、お尻が痛くてたまりません。クッションでも用意すれば良かったかも知れませんが、この後の準決勝と決勝戦は「こまちスタジアム」で行われるため、少しは環境が改善されるはずです。

 また明日は待ち焦がれた「健康管理日」、つまり試合が休みの日になります。
高校野球連盟の試合関係者や取材に当たる私達に限らず、肝心の選手たちにとっても休養を十分に取った上で準決勝、決勝戦を迎える事は適切な運営だと思います。


 明日は自宅の掃除や手を付けられない雑用などのを片付けを。しっかりと休養を取り、来るべき準決勝からの再取材に備えたいと思っています。幸運にも雨が降らない日が続き、試合運営は日程通りですが、庭の木々は水枯れ状態。こちらにも明日は散水してあげたいと思っています。

残り少ない日程ですが、貴重な時間を持てたことを感謝する日々です。 

 
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/405-08848c43