2011.07.19 後輩たち
 天気予報では、今日の秋田県地方は35度の酷暑になるとの事でした。確かに気温はその位あったようですが、試合の行くをファインダー越しに追い続けていると、暑さもそれほど気になりません。でも汗は吹き出すように流れてきます。
 秋田市の八橋球場第一試合は、気が付いてみると我が母校「能代高校」が「秋田中央高校」と対戦しました。卒業は50年も前の事になりますから、余り深い感慨がありません。

 しかし昔の卒業生として、三塁側に陣取った応援席を密かに「表敬訪問」してみました。
孫のような年代の高校生たちが、これからの対戦を前に応援準備に追われていました。その中で女子高生が半分くらいも占めていたのが驚きでした。

 中でも女子高生の応援団が、男子学生が着る学生服に身を包み、テキパキと動き回る姿でした。昔の話をしても仕方がありませんが、私が同校の生徒だった頃は、基本的には「男子校」でした。女子生徒がたった3人だけいたという時代の話ですから・・・。多分統合したのかも知れませんね。

 応援風景も私たちの時代とは変わり、リズム感や音楽性が豊かで見るのも楽しいです。しかし、取材において私的な感情が入り込む余地はなく、出身校へのわだかまりもありません。
この試合を制した校歌演奏の際に初めて「良かったね」と感じました。唯一この校歌が記憶に残っていました。
「松陵健児」。能代高校校歌の中で、生徒をこのように表現していますが、どんな意味か未だに分からないところが寂しくもあります。

 ともかく明日1日頑張ると、準決勝を控えた1日は「健康管理日」として一日休みになります。
今、楽しみの一つがこの「休み」。明日も頑張ろうと張り切る「オールド・ボーイ」です。



            <中央のバッグが私の席。ひたすら孤独な作業に打ち込んでます>
            CIMG6866_convert_20110720074814.jpg



            <これでも女子高生です。暑さの中で学生服を着込んで・・・>
            CIMG6867_convert_20110720074854.jpg



            <応援のブラスバンド。やはり女子高生の姿が目立ちます>
            CIMG6868_convert_20110720074923.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/404-e967c9b1