2011.05.01 メインツリー
 秋田の長く厳しい冬を乗り越え、やっと迎えた新緑の5月です。しかし、東日本大震災の影響でどこか例年とは違う5月です。
 それでも桜前線の北上と共に、日本各地それぞれの地で桜を楽しみ、短い花の命を惜しむ祭りを迎えています。

 大潟村でも「桜と菜の花まつり」が開催されています。
今や我が家の「シンボルツリー」ともいえる「桜」も満開です。この桜の樹は、自宅の前庭の中央に植えられています。大潟村へ移住後、将来を見据えた庭の植栽をどのようにしようかと迷っていました。グランド・デザインが見えない事には、どんな樹や花をどこへ植えるか見当がつきません。
豊富な資金があれば造園業者に全てを依頼をするのが無難ですが、少ない予算で基本ともなる庭造りを依頼しました。
大まかなデザインに数本の苗木と草花を植えた庭が出来ました。

 ウッドデッキから枕木で連なる中央部分に盛り土をし、そこに植えられた樹が桜の苗木でした。
苗木とは言え翌年から花を付け、今では「メインツリー」ともいえる存在になりました。村の周辺には様々な桜の樹がたくさん見られますが、我が家の桜の特徴は、艶やかな花の色です。

 道行く方々からも「きれいな色ですね。桃ですか」などと言われるくらい、一つ一つの花も大きめでボリューム感があり、遠目にも鮮やかなピンクの花です。村のソメイヨシノよりも一足早く咲き、散るのが遅い自慢の桜です。と言ってもまだ2㍍ほどの背丈しかありません。
いつかもっと成長したこの桜の下で花見をしたいと思っています。

 いよいよ新緑の5月。命輝く日々にしたいと願う季節です。


Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/349-cdbe8afe