「女心と秋の空」と言われますが、本当は「女心と春の空」の方がより適切だと聞いたことがあります。
 大潟村で暮らしている実感から言わせて頂くと、どうも「春の空」がぴったりと合うように思います。
それほどに最近の天候はクルクルめまぐるしく変わります。そのせいかどうかは分かりませんが、最近の天気予報は大きく外れはしませんが、余り当りません。

 朝のうちは予報通り曇り空でしたが、昼頃から小雨になりました。しかし、次第に天気が回復し、時間が経つにつれ薄日さえ射すまでに回復しました。ならば・・・とウオーキングに出かけると、途中から小雨になってしまいました。「潟の湯」の玄関ホールでしばし雨をやり過ごすと、ほどなくして回復。

 村のあちこちに数多くの桜の木が植えられています。村で一番早く開花するのが中心地の村役場とJA会館前にある桜です。今日はまだつぼみも硬くわずかに色づいてはいましたが、開花するのも直ぐでしょう。
今は梅が満開状態です。私の4本の梅の木を含め、道路沿いに数十本植えられた梅の花は壮観でした。
よく見ると梅の花の色も赤いものからピンクや白までさまざまです。この分だと今年は梅の実の豊作が期待できそうです。
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/339-87559e68