今日の最大の関心事は「福島第1原発」1、2、3号機の放水作業の行方でした。命がけの作業に従事した自衛隊員や東電社員など、現場で働く方々には頭が下がるばかりです。
 私がこのブログを運営するに当たり、厳守したことがあります。政治を除き、決して他の方の非難や中傷・誹謗をしてはならないと決めました。従って表現に限界がありますが、今回の事は信じがたい出来事なのでこの禁を破ります。

 来る19日には、大潟村で「株式会社ルーラル大潟」が主催する「日本酒企画10周年記念・30蔵人集う」と題し「秋田銘酒新酒利き酒早春の宴」が開催されるようです。後援が大潟村で、燃料不足の最中、送迎バスが秋田、男鹿、能代市と五城目町まで運行されます。大潟村には燃料がたっぷりあるようです。

 今日17日午前中、ホテルに確認した時点では予定通り歌謡ショー共々実施するとの事でした。「会費1万円、ホテル自慢の料理 大沢桃子歌謡ショー」と、にぎにぎしく挙行されるようです。「東北関東大震災」発生前の時点では私も参加を申し込みました。常々日本酒とか醸造・発酵食品に興味があり、日本酒はある種の文化だと思っているからです。しかし、未曽有の震災です。被災地では肉親を失い悲痛のどん底にあります。この寒さの中、食べるものもなく日々を送っています。日本はおろか世界各国でこの大震災と戦おうとしている今・・・・、私は出席をやめます。

 正義の御旗を振りかざすつもりはありません。私が日頃尊敬してきた大潟村の入植者魂は、こんな時にこそ発揮すべなのではないでしょうか。大潟村への尊敬と誇りを信じてきた自分の甘さを責めています。酒蔵や主催者、共に中止できない様々な理由がきっとあるのでしょう。莫大な売り上げを寄付するためとか・・・。

 村内には岩手、宮城、福島県などから入植された方もいるはずです。かつて「日本海中部地震」で大きな被害を蒙った過去もあるはずなのに、です。どなたが実施の英断を下されたされたか知る由もありませんが、「立派!」と言うしかありません。こうこうと明るい宴会場。おいしい料理に日本酒。そして、よりによって大きな被害を出した岩手県大船渡出身の女性歌手による歌謡ショー。

 延期でも中止でも、まだ時間があります。18日中にブログを訂正ないしは書き換えることが出来るよう願って止みません。大潟村の良識を信じたいと思っています。
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/302-94109d0c