2011.03.04 春の雪
 ひな祭りが過ぎたというのにこの寒さ!大潟村では時おり激しく雪が降り、一時は猛吹雪となりました。
 午前中に一仕事終え、雪の中を午後から「大潟村木炭水質浄化研究会(小林信雄会長)」の手伝いに行ってきました。

八郎湖の水質浄化の為、私たちの炭窯で焼いた炭を炭筏から回収し、再利用する準備が始められています。
400袋にも及ぶ炭入りネットの詰め替え作業は、人手だけが頼りです。少しでも役に立てればと出かけた次第。

 炭小屋の前では小雪の中、小林会長と友人のSさん、高齢の2人の方々がすでに作業をしていました。手伝いに来てくれたか、と喜んでくれました。私の作業分担は、シートの上に古い炭が入ったネットを運び、カッターナイフで袋を切って炭を広げます。他の方が炭と粉を振り分け、新しいネットに入れ直します。作業は単純ですが、何しろ寒い中での力仕事。初めてお会いした方でも会話が取り持つ縁で、とても楽しいひと時でした。高齢者には高齢者なりの人生経験やゆとりがあり、それが豊かな対話を生むのでしょう。

 3時過ぎに炭小屋でお茶にしました。と言ってもコーヒーでしたが、薪を燃やして暖を取りながらの世間話。
2人のうち1人の方は三重県から入植したとわかりました。私は名古屋から移住したと話すと、旧知のように伊勢神宮などの話題で盛り上がりました。もう一人の方は、私が日頃敬愛する「大潟村の自然を愛する会」の会長のお父さんでした。とてもよく似た親子だと感心しましたが、みんなどこかで繋がっているのだと感じました。

 夕方早めに作業も終了。帰宅するとますます激しく雪が降り始めましたが、心は温かい夕暮れでした。



           <シートの上に古いネットを破り、炭を出す。より分けをしてから新しいネットに詰める>
           CIMG5548_convert_20110304220803.jpg



           <新しいネットに詰め替えられた炭の山>
           CIMG5550_convert_20110304220835.jpg



           <炭窯の前でたき火を囲む。コーヒーを頂きました>
           CIMG5554_convert_20110304220904.jpg



 
 
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/288-6bcc643a