2006.10.23
 私は子供の頃から大の飛行機好きでした。
 小学校5年生か6年生から月刊誌の「航空ファン」や「航空情報」など見ていました。

 ひと頃は、まじめにパイロットに憧れたことも。
あの時代、ラジコンなど高値の花、夢のまた夢の存在でした。社会人になり給料をもらってからはプラモデルに熱中、気に入った機種の模型を次から次と買い集めました。実際にモデルを組み立てる時間がなく、ほとんどを積み重ねて億だけでした。それでも、箱の絵を眺めるだけでも満足でした。

 ところが人生の皮肉とでも言うのか、定年になり自由になる時間が出来たと思った時、模型の細かいパーツが見えない年齢でした。そこで長年封印してきたラジコンに挑戦することに。62歳にしてやっと子供のころの夢を実現する事が出来たのです。

 インターネットで注文した機体も届きました。電動と言えども無線誘導でフライト出来ます。カメラマン時代は、会社が所有する飛行機やヘリで空撮取材をしてきました。時折飛行中のへりや飛行機を見るたびに現役時代を懐かしむ時があります。これからは意のままに空を駆け巡りたい。昔にかえって・・・・。

 もっともそれまでに何回「墜落事故」を起こすことやら。
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/225-12fa6aa9