世間並みに言えばクリスマス・イブですが、感覚的にはどうしても馴染めない慣習です。それでも子供たちが小さかったころは、プレゼントの準備で大わらわ。もう随分遠い昔のことになりましたが・・・・。
 この季節、2度目の寒波が吹き荒れています。
日本海から吹き寄せる西風が、ゴーゴーと唸りを挙げ、舞い落ちる雪も真横に吹っ飛んでいます。
積もることさえ出来ない激しい横殴りの雪です。大潟村は、どうやら本来の真冬に突入したようです。
今までが穏やか過ぎたのではないでしょうか。

 寿司に漬けるハタハタの血抜き作業は、今日で4日目。冷水からあげ約一昼夜、ザルに移して約一昼夜かけ水切り。ハタハタから血や汚れがすっかり取れ、身もしまり生臭さもありません。この先まだかなりの工程がありますが、今年はどうやらうまくゆきそうです。

 今日はもう一つ上手くいった事がありました。
自宅の1階と2階のパソコンは有線のランケーブルで繋がっています。冬の寒い時期は、居間で作業をしたほうが便利。プリンターなどを共有するためには、ランコードを家中に張り巡らすことになり大変です。
コードではなく、無線で結べば見た目もスッキリ。そこで試験的に無線ランを構築してみることにしました。
従来の無線ランは、結構専門知識がないと結構難しいいのでは、と思い敬遠してきましたが、最近は機器の進歩で簡単にできるようになりました。

 住宅の規模や広さなどにより機器の選択が必要ですが、これもそう難しいことではありません。
電気量販店で、必要な機器が1万円ほどで購入できました。
まずは、ランコードで繋がっていたプリンターの無線ラン構築に挑戦。
取扱い説明書に従い、慎重に機器をセット。パソコンに添付されたCD-ROMを入れ、必要なファイルをインストールします。緊張の連続ですが、これが面白い。
パソコン画面に従って操作を繰り返すと、パソコン・親機は簡単に終了。次にプリンター側。
途中、数か所で判断に迷う難関が待ちかえていました、試行錯誤の結果すべてクリア。
パソコンとプリンターを繋いでいたコードがなくても、プリンター印刷が可能となりました。

 ITに関する専門知識などはありませんが、カメラマンというものはとかく機械に強くなくては仕事になりません。私がこの分野に強いか弱いかは別としても、いろいろ挑戦することが好きです。
容易に解決できない壁に挑戦し、これを解決した時の達成感は他に代えられない喜びでもあります。
情報、知識が無限に詰まった機器つぃてのパソコンは面白い。
近々、共有の外付けハードディスクを無線ランで使えるようにしたいと思っています。

 こんな時代が来ることを予想できましたか?
長生きはしてみるものですね。 
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/191-8e94a274