正月休みで帰省していた娘や息子一家が帰り、また元の生活です。あっという間の正月でした。

 色々な方のブログにも、家族が帰って家の中ががらんとして寂しくなったとあります。
同じ感慨にとらわれるのは私だけではなく、他にもいらっしゃると知り安心しました。

 かつて、私が帰省し、帰った後は、両親も同じような心境だったのだろうか。
自分が親になって、この歳で初めて気づき複雑な心境です。

 気を取り直し、寝具類や掃除などの跡片付けに清を出しています。

 暮れから始まった寒波の影響で降り積もっていた庭の雪が少し融け、顔をのぞかせた黒い土を見つけました。
寒さにもめげず、緑も鮮やかな雑草が枯れもせず生きていました。
久し振りに今日はその雑草取りをしました。


 微かに土の匂いをがしました。庭の木々にはもう固いつぼみが春のおとずれを待っているようです。まだ小さく硬いけれど、間違いなく春に備えて息づいています。

 冬のこの時期、ウォーキングで村を歩いても人影はありません。
寒さの中せっせと、ひたすら歩いていますが、やがて汗ばんだ体に風が身を切るように冷たくなります。
この先一年の暮らしに思いをはせ、来るべき山のシーズンに備えて今日もせっせと村を歩いています。
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/124-121d096f