毎年恒例の「大潟村芸術文化祭」も無事終了しました。
先月20日からしばらく、名古屋に行ってきました。
 この3月末で、大潟村へ移住して2年になります。健診断の要検査も心配ないとわかり、気持ちの整理をし新たな気持ちで再出発したかったからです。

 雪に包まれた秋田空港から中部国際空港へ。空港から名鉄特急に乗車、名古屋駅へ。名古屋駅で地下鉄に乗り換え、娘のマンションに向かいました。見慣れたビル街、電車の騒音、発車のベル。それら全てが記憶に生々しく、名古屋を離れていた2年間の空白が一気に埋まるような錯覚すら覚えてしまうのでした。

 翌日、まずJR名古屋駅前のビッグカメラを訪れ、最新のカメラ・レンズを見て回りました。ついでに秋田市ではお目にかかれない沢山の機材を見て楽しい一時を。元の勤め先へも顔を出してきました。この地方の写真界の話題などを話して過ごしましたが、亡くなられた先輩もいて、時の流れが現実だったと思い知らされました。
また、行き交う人々の多さに圧倒され、すっかりおのぼりさん状態。この街に特に未練があるわけではないけれど、そこは大都会。暮らしてゆくにはこのうえなく便利だし、デパートの地下食品売り場の品数の多さと安さはうらやましい限りです。

 次の日はよくドライブで訪れた伊勢へ。近鉄特急で渡る木曽川、揖斐川、長良川などの木曾3川を渡り終えると桑名。
次いで津、松阪と見慣れた風景が続来ます。
伊勢神宮の門前に今もその面影を残す街並みが私のお気に入り。昼食は伊勢うどんと手こね寿司にしました。
お腹が満足したところで「おかげ横丁」で組みひもを見て歩きました。

 そしてニュースにもなった「赤福本店」に。今でも行列ができる人気ぶりでした。
帰りは近鉄・松阪下車。焼肉を食べようというのです。御存知、松阪牛で知られるこの街には焼肉店が非常に多く、タレに頼らず肉をさっと焼いて食べるため、本当にあっさりした味わいでした。

 秋田に帰る前の一日、以前名古屋に暮らしていた頃住んでいたマンション付近を歩いてみました。買物や散歩をした街並みを感傷に浸りながら、ひたすら歩き回りこの旅の締めくくりにしようと。
Secret

TrackBackURL
→http://blog7573akt.jp/tb.php/119-2abd0f2d